審査が甘い消費者金融をお探しの方

審査

比較的審査基準が甘いキャッシング

0厳選甘い金融!毎日更新中
消費者金融一覧


絶対借りれる金融会社

今月中にお金が必要だけど、借りるあてがない・・

そんなお金にお困りのあなたが、必ず借りれる融資先
消費者金融ランキングをご紹介します。

但し、過去に債務を不履行にしたブラック対象者や、借り入れ総額が年収の三分の一以上の総量規制対象者などは、審査に通る可能性は低くなります。ヤミ金融などは審査に通るかもしれませんが、高金利ですし取り立ても厳しいのでお奨めできません。

以下のような広告文は違法サイトの可能性が高いので注意して下さい。

  • ブラックでも融資が可能
  • 総量規制が対象外
  • 借り入れ件数が7件以上でも借りれます
  • 無審査でキャッシング

確実に融資を受けるためには、消費者金融の審査基準を知っておく必要があります。

審査に通るための基礎知識

  1. 定職に就いており、毎月決まった収入があること。
  2. 年収は300万円以上。それ以下でも審査に通るが、限度額は抑えられます。
  3. 過去5年以内で自己破産などの債務整理をしてブラックリストになっていないこと。
  4. 現在の借り入れ件数が4件以上だと、大手の金融機関は回避。
  5. 現在の借り入れ総額が年収の三分の一以上だと、新規の借り入れは不可能。
  6. 住所や勤務先で虚偽の記載をしないこと。
  7. 窓口審査では、清潔な格好をしてハキハキと答えること。
  8. クレジットカードを使った商品枠の現金化などは回避。
  9. お金を借りる前に、本当に必要なものかどうか、再確認。
  10. 借りた後は、毎月の生活を削って返済に充てる。
  11. どうしても返済に困ったら、専門家に相談して債務整理なども視野に入れる。

 

1.闇金融に注意する

銀行

闇金融業者は多重債務者を狙ってDMを送ってきます。
貸金業登録をしていないヤミ金融は上限金利よりはるかに高い。

ヤミ金融でのキャッシングは要注意が必要!!

無審査キャッシングと称される金融商品のほとんどは、クレジットカードの商品枠を利用した現金化です。クレジットカード現金化は確かに無審査ですが、物品を購入してそれを転売してお金に代えているだけなので、質屋に近いでしょう。金利も高いので、こういった行為は止めておくべきです。

闇金融から借り入れをするきっかけは、自宅へのDM、自宅への電話、チラシ、ネット広告といった店舗を介さない手段が多いようです。闇金融でお金を借りているいる消費者は、一人あたりの借り入れ件数は平均5社といったえところです。

闇金融業者は当然、違法な金利を要求します。借りに消費者が難波金融伝・ミナミの帝王で有名な「トイチ」(10日で1割)でお金を借りた場合、返済のほとんどが金利のみといった額になってしまいます。

貸金業登録をしていないような業者からでしかお金が借りれない状態の方は、自己破産を考えたほうが得策かもしれません。

2.中小の消費者金融会社

カードローン

大手銀行系以外の金融会社を中小消費者金融に分類されます。

大手の顧客と中小の顧客で一番の相違は、借り入れ件数です。大手の顧客層は借り入れ件数3件以内であり、中小の利用者は大手では審査に通らない人たちなので、借り入れ件数も4件以上になります。

消費者金融業界ではリスクの低い優良顧客(借り入れ件数3件以内)は大手銀行系消費者金融を利用し、逆にリスクの高い多重債務者は中小の消費者金融会社を利用するという機能分化が進行しています。同じ消費者金融市場においても、異なる収益構造と戦略的優位性が存在するということです。

一人当たりの平均貸付限度額は、大手で45万円、準大手で30万円、中小では20万円といったところです。ヤミ金融になると10万円以下のところが多いようです。融資をする上でリスクの高い多重債務者への限度額は自ずと低く設定される傾向にあり、逆に優良顧客への限度額は高くなっています。

  • 借入件数2件 ⇒ 有名大手消費者金融(貸付限度額50万円)

 

  • 借入件数4件 ⇒ 中小消費者金融会社(貸付限度額30万円)

 

  • 借入件数5件以上 ⇒ 街金融業者(貸付限度額10万円以下)

このように考えてみると、中小はリスクの高い利用者層を対象とする場合、リスク許容範囲が高まる分、金利も高く設定せざるを得ません。つまり、中小は大手と比較して増大するリスク水準を極力抑えるために、貸出債権のポートフォリオを小口にしてリスク分散を図っているということです。

大手はオペレーションの効率性を高めたことで、人件費を減らして高収益構造を構築しました。その一方で、中小はリスクの高い顧客への対面与信を通した労働集約的な収益構造を有しているといっていいでしょう。

  • 中小がお金を貸す消費者層は大手と比較して信用リスクが高い。
  • 中小は顧客一人当りの借金総額が大手に比べて高い。
  • 中小は大手銀行系と比較すると、審査が厳しくない。

3.審査基準の甘い消費者金融会社

キャッシュカード

借入件数が4件以上ともなれば、大手や中小のキャッシング会社では審査が厳しくなってきます。貸す側にすれば、そのような多重債務者への融資はリスクが高くなるからです。どうしてもお金が必要であれば、審査の甘い消費者ローンを探すことになりますが、そう簡単に見つかるものではありません。中には悪質なヤミ金融業者も混じっていますので、正確な選別が必要になります。2ちゃんねるなどの金融掲示板の口コミを見るのも、情報収集に役立ちます。

そして、何をおいても一番重要なことは、「借りやすい金融業者」であることです。

銀行や信用金庫、保険会社は貸金業から除外されていますが、資金の貸付業務を行っています。カード会社や信販系の金融機関でもお金の融資をしています。資金を融資するには、貸金業の登録をしなければいけません。消費者金融(ローン)と販売信用(クレジット)を合わせたのが、消費者信用です。

おまとめローン

一番お奨めするのは"低金利の金融会社でキャッシングをする"or"無審査ローンを上手に利用する"ことです。

特に無審査ローンは大手の消費者金融なら一週間から60日間といった無利息期間を設けていますので、これを上手に利用すれば金利を支払うことなくお金を借りることが出来ます。

サラ金とは、概ねお金を利息を取って貸し付けるという行為です。したがって、利息を多く取るには、貸し付ける際の金利が高いことが第一条件になります。金利とは、貸付期間における元本に対する利息の割合、つまり貸付利息によって発生します。この利率は、出資法において年利18.0%まで貸金業者には認められています。

4.即日融資が可能

お金を借りたいと人の多くは、今すぐ現金を必要としています。しかし、貸す側としても審査が必要ですし、今すぐというわけにはいかないのが現状です。現在、即日融資が可能な金融会社は大手を含めて10件ほどあります。概ね、当日の14時までに申込みを完了すれば、当日指定の銀行口座に振込されるというシステムです。また、窓口審査においても、審査に2時間ほど要しますが、即日融資が可能です。

現在、一番審査が早いスピードキャッシングのところは、キャッシングステーションかと思われます。キャッシングエニーなども早いです。

信販会社

歴史的に消費者が生活資金の融資先として利用してきたのは、一般に質屋と考えられています。しかし、貸金業の歴史は古く、その発祥は鎌倉時代にまで遡ることが可能です古代、貸金業の専業者が生まれる以前は、富裕階級である寺院などが活動の一環として金銭の賃借を行っていたのです。鎌倉時代になると、貸金業の専業化が進行し、蔵と呼ばれる金融機関が誕生し、後に士倉、土蔵と呼ばれるようになりました。

5.確実に借りれる消費者金融

確実に融資を受けるには、自分の借入件数に沿った借入先を探すことです。高望みをして審査に落とされてしまえば元も子もありません。自分の背丈に合ったローン会社で審査を受けることこそが、確実に借りるための方法なのです。

無担保・無保証人で簡易な審査の場合、最大限度額は50万円以下という小口融資が一般です。数人の連帯保証人や不動産を担保に付けた場合、担保物件の価値や申し込み人の財務内容に応じて、数百万円〜数千万円といった大口融資が可能になります。

当日融資

つまり、担保を付けることによって、借入額をあげることが可能ということです。この場合、もしも支払いが焦げ付いてしまった場合、担保物件を代償として差し押さえられることになります。また、連帯保証人をつけている場合は、その保証人へ支払いが請求されることになります。

総量規制などの出資法改正は、商工ローンや一部の悪質闇金融などを抑制する目的で施行されました。上限金利の引き下げにより、かつてのようにサラ金はボロ儲け出来なくなりましたし、多重債務者への新規融資も規制がかかりました。

金融屋の言い分では「金を借りた側は、返すのが当たり前や!」と主張します。しかしこの論理は、固定倫理上のモラルであって、状況倫理ではありません。一方、クレジット・サラ金問題を専門としている弁護士によると、「債務者の生活が破綻している状況では、利息返還請求は妥当な対応である」となります。はたしてどちらの言い分に正当性を見ることが妥当なのか、意見が分かれるところでしょう。

貸金業者は、利用者から返済を受けた場合、その都度直ちに受取証書を発行しなければなりません。もしも規定の事項を記載していない書面や虚偽の記載をした場合は、一年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金に処せられることになります。したがって、毎月の返済を履行した暁には、必ず受取証書をもらうようにしましょう。

お金を借りる際の審査基準

貸金業
勤務実績は長いほど有利

勤続年数は長ければ長いほど信用度は上がります。逆に勤続年数が1年未満ですと信用度も低くなり、融資限度額も低く設定されてしまいます。また、公務員や大手の企業などは、信用度も高くなりますので、銀行系の金融会社でも間違いなく審査に通ります。

ブラック
パートやアルバイトでも融資可能

総量規制の影響で専業主婦が単独で借入することは困難になりましたが、パートやアルバイトでも一定の収入があれば審査に通ることは出来ます。但し、限度額は10万円以内に設定されることが多く、それ以上の融資は困難になります。どうしてもお金が必要であれば、審査の甘いサラ金で審査を受けるとよいでしょう。

借り入れ件数6件以上
現在と過去の借金履歴

現在の借金が年収の三分の一以上あれば、総量規制の対象者となりますので新規の融資は出来ません。また、過去7年以内に自己破産をした人なども、信用情報センターのブラックリストに掲載されていますので、審査に通りません。通常、7年程度でブラック情報は削除されますので、それまで我慢することが肝要です。